ハム・レアード WBCメキシコ代表参戦希望「出るつもり」

[ 2017年2月3日 05:47 ]

ロングティーを行うレアード
Photo By スポニチ

 昨季39本塁打でタイトルを獲得した日本ハムのレアードがフリー打撃で快音を連発。56スイングで9本の柵越えも放った。

 今季目標を問われて日本語で力強く「ゴジュッポン(50本)」。米国生まれながらWBCでは母方のルーツであるメキシコの代表入りを希望している。球団との話し合いが必要も「出るつもりでいる。日本と対戦できたら面白い」と力を込める。また、メキシコ出身のメンドーサも母国代表でWBCに出場する可能性がある。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年2月3日のニュース