ロッテ・パラデス バックスクリーン直撃弾 “両投げ両打ち”告白

[ 2017年2月3日 05:30 ]

左右両打席で快音を響かせたパラデス
Photo By スポニチ

 新外国人のパラデス(フィリーズ)がランチタイム中の特打で69スイング中6本の柵越えを放った。最初は逆方向だけを狙いながら徐々にヒットゾーンを広げ、バックスクリーンに直撃する推定130メートル弾も披露した。

 7歳から両打ちを始めた助っ人は「試合でやったことはないが、実は左でも右と同じくらい強く投げられる」と「両投げ両打ち」であることを告白。初めての日本のキャンプには戸惑いが多いというものの、ウオーミングアップも全力疾走でこなし「みんなと同じようにやって早く慣れていきたい」と意欲的だった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年2月3日のニュース