ソフトB内川 イチロー流スイング披露「どうしようかなと」

[ 2017年2月3日 05:30 ]

ロングティーを行う内川
Photo By スポニチ

 WBCに出場するソフトバンク・内川が「イチ流」のティー打撃とロングティーを披露した。

 球を捉えた後、体が前へ突っ込むのを防ぐように後ろの右足を軸にして回転。「(マーリンズのイチローから)教わったんです」と明かした。イチローは重心を前に移動しながら打つ打法で知られるが、近年は目の位置がステップした分だけ投手側へ動くことでスイング時に下がる傾向がある。内川は具体的なことは言及せず「バットを振ることに関し、どうしようかなということ」とした。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年2月3日のニュース