ロッテドラ1千隼 大学恩師から激励「まだこれからだから」

[ 2017年2月3日 05:30 ]

ブルペンで見守る桜美林大・津野監督(右)と実川助監督
Photo By スポニチ

 ロッテのドラフト1位・佐々木(桜美林大)を激励するため、大学で指導した津野裕幸監督が石垣島キャンプを訪れた。

 連日のブルペン投球を行った右腕は「駄目でした」と苦笑いだったが、津野監督は「まだこれからだから、元気にやっているならよかったよ」と笑顔で声を掛けた。プロの世界に飛び込んだ教え子に「大勢の人に注目してもらい戸惑いはあるかもしれないが、乗り越えないと何万人の前では投げられない。いろいろな経験をして大きくなってほしい」とエールを送った。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年2月3日のニュース