ハム球団代表 大谷WBC登板不可能は30日に「連絡した」

[ 2017年2月3日 05:30 ]

1人別メニューで調整する大谷(中央)
Photo By スポニチ

 「大谷騒動」が波紋を広げていることを受け、日本ハムの島田利正球団代表は1日(日本時間2日)、1軍キャンプ地のピオリアで改めて「29日(日本時間30日)に(日本代表サイドに)連絡した」と、大谷のWBCでの登板が不可能だと伝えていたと明言した。

 日本代表から連絡がないまま31日(同2月1日)に球団が発表したことについては「本来なら球団が発表することはいけないのでしょうが、選手(大谷)がかわいそう。1日から別メニュー調整になるので、それまでに(メディアに)話す必要があった」と説明し「非があるとしたら自分にある」と謝罪の言葉も語った。

 吉村浩GMも「栗山監督、大谷投手がどれだけ苦しんで決断したかを理解していただきたい」とコメント。大谷がリスクを覚悟で打者出場の可能性を残しているだけに「日本代表の見解を早く知りたい」と戸惑いの表情で語った。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年2月3日のニュース