さすがセ最多勝!野村、DeNA打線6回零封「勇気持ってマウンドに」

[ 2016年10月13日 21:33 ]

セ・リーグCSファイナルS第2戦 ( 2016年10月13日    マツダ )

<広・D>6回表、好守の田中(2)と安部(右)を出迎える野村
Photo By スポニチ

 広島・野村がセ・リーグ最多勝投手の力をいかんなく発揮。DeNA打線を6回3安打無失点に抑えて、CS初勝利をマークした。

 「ファンの皆さんが声援で背中を押してくださったので勇気を持ってマウンドに立つことができました」と真っ先にカープファンに感謝。続いて「初回から点を取ってくれたので自信を持って投げることができました」と打線に感謝した。

 3回まで1人の走者も出さない最高の立ち上がり。4回には先頭打者を味方の失策で出塁させたのをきっかけに2死満塁のピンチを招いたが、無失点で切り抜けた。2013年のファイナルシリーズでは巨人との第3戦に先発して4回2失点で敗戦投手になっており、「目標にしてやって来たので、ここでいい投球ができて良かったです」と自身のCS初勝利に声を弾ませていた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年10月13日のニュース