巨人・鈴木尚広が今季限りで引退 足のスペシャリスト

[ 2016年10月13日 10:44 ]

昨季のオールスター第1戦の5回裏無死一塁、初球で二塁盗塁を決めた代走・鈴木
Photo By スポニチ

 巨人の鈴木尚広外野手(38)が今シーズン限りで現役を引退する意向を固めたことが13日、分かった。

 鈴木は福島・相馬高からドラフト4位で1997年に巨人へ入団した。度重なるけがに悩まされながらも、俊足を生かして「代走のスペシャリスト」としての地位を確立した。通算1130試合に出場し、228盗塁を決めた。2015年には高い走塁技術が認められ、監督推薦によりオールスターゲームに初出場した。

 守備力も高く、08年には初めてゴールデングラブ賞を受賞した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年10月13日のニュース