ヤク戦力外の新垣 合同トライアウト受験も「野球を続けたい」

[ 2016年10月13日 07:11 ]

ヤクルトを戦力外となった新垣
Photo By スポニチ

 ヤクルトから戦力外通告を受けた新垣が現役続行に向け、12球団合同トライアウト(11月12日)を受けることを選択肢に入れていることを明かした。

 「まだまだできる自信はあるし、野球を続けたい。トライアウトを受けることも考えている」。今季は6試合で1勝2敗、防御率6・67。6月中旬以降は2軍暮らしが続いた。戦力外通告後も埼玉・戸田の球団施設で汗を流し、新天地で1軍のマウンドに立つことを目指している。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年10月13日のニュース