侍U23代表 安楽らプロ18人、アマはJR九州・佐野ら6人

[ 2016年10月13日 05:30 ]

楽天の安楽
Photo By スポニチ

 23歳以下(U―23)の国際大会「第1回 WBSC U―23ワールドカップ」(28日開幕、メキシコ・モントレイ)に出場する侍ジャパンU―23代表(斎藤雅樹監督=巨人2軍監督)が12日、発表された。プロ、アマ混成の24人でプロ側からは楽天・安楽、阪神・歳内、DeNA・乙坂ら18人、アマ側からプロ注目左腕のJR東日本・田嶋、JR九州・佐野ら6人が選出された。

 主戦を期待される安楽は「選んでいただいた以上は期待に応えたい。海外の選手にどこまで通用するか試したい」と球団を通してコメントした。安楽は今季15試合に登板して3勝5敗、防御率3・42。JR九州の佐野は一関学院(岩手)出身で、花巻東時代の日本ハム・大谷と競い合った大型捕手。代表は22日から国内合宿を行い、25日にメキシコへ出発する。

 ▼JR九州・佐野 同世代が多いので社会人もこんなにやれるというのを見せたい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年10月13日のニュース