0―0の5回無死満塁 西川を楽にした ソフトB「紙一重」前進守備

[ 2016年10月13日 10:15 ]

パ・リーグCSファイナルS第1戦 ( 2016年10月12日    札幌D )

<日・ソ>5回無死満塁、西川は中前適時打を放ちガッツポーズ
Photo By スポニチ

 【追球】西川の俊足と大谷の存在が、ソフトバンクを追い詰めた。0―0の5回無死満塁だった。まだ試合中盤。セオリーなら1点は諦め、併殺狙いの中間守備を敷く。ところが、ソフトバンクの内野陣は、早くも1点を防ぐ前進守備を敷いてきた。

 打席に入った西川は、これで精神的に優位に立った。「打者としては前で守られた方が、ヒットゾーンが広がる。気持ちは楽になった」。2ボール2ストライクから武田のチェンジアップを叩きつけ、高いバウンドで二遊間を抜ける2点打。これが決勝点となった。
 昨年9月2日のロッテ戦(東京ドーム)から西川の併殺打はない。シーズン632打席連続無併殺打は、パ・リーグ歴代7位でもある。ソフトバンク・鳥越内野守備コーチも「(1点取られて併殺も取れず)一、三塁に走者を残す方が嫌だった。ゴロが飛べば、本塁でアウトにできる。紙一重だった」と説明する。

 ソフトバンクが勝負に出た理由は、もう一つある。立ち上がりから大谷に完璧に抑え込まれていたからだ。遊撃手の今宮は「西川を併殺にするのは無理。0―0だったというのもあったし、(大谷から)1点を取れる雰囲気ではなかった」。160キロ台を連発する右腕から勝機を見いだすためには0―0で終盤に持ち込むことが必要だった。

 試合後、栗山監督は「状況を考えれば、相手が1点勝負と思うのも分かる」と振り返る。勝負どころで、ソフトバンクに大きな重圧をかけたのは、西川と大谷の「スピード」だった。 (横市 勇)

 ▼日本ハム・大野(大谷を好リード)1戦目でいい投球をしてくれてチームに大きな1勝。連勝できるように一気にいきたい。

 ▼日本ハム・吉井投手コーチ(大谷について)真っすぐが低めに決まっていたので遠くに飛ばされなかった。スライダーは危ないのもあったが、真っすぐがいいから助かった。

 ▼日本ハム・近藤(5回に2点打)内野が前にいたので越えてくれと思って走った。チャンスで打てて良かった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年10月13日のニュース