立命、近大にサヨナラ負け 関西学生リーグ Vは最終節で決定

[ 2016年10月13日 17:32 ]

 関西学生野球リーグは13日、大阪市南港中央球場で延期になっていた第3節の3回戦1試合が行われ、勝ち点3の立命大は近大に延長12回の末、2―3でサヨナラ負けした。同大、関大も勝ち点3で優勝は21日からの最終節で決まる。近大は勝ち点1を挙げ、京大の32季連続の最下位が決まった。

 近大は9回に2点差を追い付き、延長12回に山野がサヨナラの中越え二塁打を放った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年10月13日のニュース