「カツ3枚食べた」栗山監督 まず1勝 大谷起用的中にホッ

[ 2016年10月13日 05:30 ]

パ・リーグCSファイナルS第1戦 ( 2016年10月12日    札幌D )

<ソ・日>勝利しナインを出迎える栗山監督(中央)
Photo By スポニチ

 大谷を「8番・投手」で起用するなど打順も的中したが、日本ハムの栗山監督は「たまたまいい展開で勝ったけど、駄目だったら死ぬほど落ち込んでいたと思う」と会心の笑顔はなかった。

 優勝して迎えるCSファイナルSは3勝すれば通過となるため、前夜は験担ぎで北海道栗山町の自宅近くの居酒屋「三勝(さんかつ)」で食事。この日の自宅を出発前にも「カツを3枚、食べた」と言う。験担ぎの効果もあり、まず1勝。「大事な試合は主役が決めてくれると思っていた」と目を細めた。

 ▼日本ハム・増井(第2戦予告先発)先発で迎える初めてのCS。勝てる投球をしたい。シーズン中から良い状態を保てている。力を出し切りたい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年10月13日のニュース