中日 奈良原氏が内野守備走塁コーチ就任「隙のない野球を」

[ 2016年10月13日 05:30 ]

中日の内野守備走塁コーチに就任した奈良原氏
Photo By スポニチ

 奈良原浩氏(48)の中日守備走塁コーチ就任会見が名古屋市内で行われた。

 同氏は積極走塁を念頭に置き「隙のない野球を浸透させたい。脚力は補っていける」と抱負。今季リーグ5位の盗塁数についても「準備が大切」と機動力復活に意欲を見せた。森監督も「ビシビシやってもらわないと困る」と期待する。奈良原氏は西武、日本ハム、中日で通算16年間プレーし06年に中日で現役を引退。07年から中日、12年から今季まで西武でコーチを務めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年10月13日のニュース