陽岱鋼が攻守で活躍 6回貴重な追加点「とにかく必死でした」

[ 2016年10月13日 20:47 ]

パ・リーグCSファイナルS第2戦 ( 2016年10月13日    札幌D )

<日・ソ>2回2死一、二塁、中村晃の中前打で本塁突入する今宮を好返球で刺した陽(右)は増井とハイタッチ
Photo By スポニチ

 日本ハムの陽岱鋼が守備でバットでチームに貢献した。2回2点を失ってなお2死一、二塁から中村の中前打で本塁を狙った二走・今宮をワンバウンド送球で刺すと、3回には1死二塁から内川の右中間寄りの飛球を好捕。ともにソフトバンクの追加点を阻止するビッグプレーだった。

 さらに6回の打席では3―2と勝ち越して、なお2死一、二塁の場面で中前適時打。チームに貴重な追加点もたらした陽は「打ったのはスライダー。とにかく必死でした。点を取っておきたい場面だったので、何とかランナーを返せてよかった」。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年10月13日のニュース