オリ ヒヤヒヤ逃げ切り 守護神コーディエ開幕戦に続き“また劇場”

[ 2016年3月28日 05:30 ]

<西・オ>西武に勝利し、ナインを出迎えるオリックス・福良監督(左)、西村コーチら首脳陣

パ・リーグ オリックス5―4西武

(3月27日 西武プリンス)
 冷や汗交じりの今季初勝利だった。2点リードの9回。オリックスは開幕戦で逆転サヨナラ負けを喫したコーディエが1点差に迫られ、なおも2死満塁とされたが、最後は外崎から空振り三振を奪った。

 監督代行から監督となって初勝利を挙げた福良監督は「大変だね、一つ勝つのは」と疲れ切った様子だった。

 新戦力が活躍した。初回はドラフト1位新人の吉田正が左前打。新外国人のモレルの適時打で先制した。4―3の6回には同じく1年目のボグセビックの右前打で1点を加えた。吉田正は追い込まれてからの対応力などに課題があるとして「まだ自信がない」と自己採点は厳しいが、3連戦は14打数5安打の打率・357で出塁率は・400をマーク。指揮官は「いい形になっている」と昨年からの課題だった打線のつながりに手応えを感じていた。

 7回からは佐藤達、平野、コーディエの「新勝利の方程式」で何とか逃げ切り。2試合連続逆転負けの悪い流れを断ち切り、西武プリンスドームでの開幕3連敗から始まった昨季の悪夢は免れた。

続きを表示

この記事のフォト

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2016年3月28日のニュース