制球力が生命線なのに…西武バンヘッケン 失点は四球絡み「ショック」

[ 2016年3月28日 05:30 ]

<西・オ>2回1死満塁、糸井の左前適時打で西野(右)の生還を許すバンヘッケン

パ・リーグ 西武4―5オリックス

(3月27日 西武プリンス)
 新加入の西武・バンヘッケンにとって、ほろ苦い公式戦デビューになった。

 初回に四球からピンチを招き、早々と1点を失った。6安打6四球4失点(自責3)で5回で降板。全ての失点に四球が絡んでおり、今季初黒星に「ショック。緊張はなかったけどストライクが入らなかった」と反省しきりだった。直球は平均で130キロ台中盤で、制球力が生命線。打線は1点差に迫るも開幕3連勝はならず、田辺監督は「(バンヘッケンは)もう少し低めにコントロールしてほしい」と注文を付けていた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年3月28日のニュース