モデルボクサー高野人母美 悲鳴始球式「緊張して記憶がない」

[ 2016年3月28日 05:30 ]

<ロ・日>始球式に登場したモデルボクサー高野人母美

パ・リーグ ロッテ0―1日本ハム

(3月27日 QVCマリン)
 9頭身のモデルボクサー・高野人母美(ともみ)がロッテ―日本ハム(QVCマリン)で始球式を務めた。

 ボクシングウエアにユニホームを羽織り肩にチャンピオンベルトを担いでグラウンドへ。初めての始球式は左足を3度上げ直し、投球がワンバウンドになると「きゃー」と悲鳴を上げた。「夢がかない、うれしい。緊張して記憶がない」と興奮していた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2016年3月28日のニュース