海星 昨春王者撃破で初8強 努力の4番小畑主将が2得点演出

[ 2016年3月28日 05:30 ]

<敦賀気比・海星>初回一死一、二塁、海星・小畑が先制の左翼線二塁打を放つ

第88回センバツ高校野球2回戦 海星2―1敦賀気比

(3月27日 甲子園)
 優勝候補・敦賀気比のセンバツ連覇を阻止し、初の8強入り。海星の小畑主将は「1回戦でセンバツ初勝利を挙げてさらに1勝。チームにとって大きい」と胸を張った。

 初回1死一、二塁で今秋ドラフト候補の山崎から左翼線を破る先制二塁打。5回には左前の打球で俊足を飛ばして二塁打とし、永石の浅い右前打で一気に生還。バットと足で2得点に絡み「冬にロングティーなどで振り込んできた成果が出た。(走塁は)迷うことなく行った」と笑った。

 長崎の離島・壱岐出身。一般受験で入学し、新チームでは自らが立候補して主将になった。入学当初は寮生活に慣れず「帰りたい」と漏らすこともあったが「自分は下のレベル。練習するしかない」と努力を重ね、4番に上り詰めた。加藤慶二監督は「リーダーとして適任。反骨心がある男」と信頼を寄せた。 (川島 毅洋)

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年3月28日のニュース