高知・明徳義塾中 打力で快進撃 センバツ敗退の兄貴分に代わり

[ 2016年3月28日 05:30 ]

スポニチ主催文部科学大臣杯第7回全日本少年春季軟式野球大会第2日・準々決勝 明徳義塾中(高知)3―1広島スターズ

(3月27日 草薙総合運動場)
 高校野球でおなじみのユニホームが“中学生の甲子園”で快進撃だ。明徳義塾中(高知)が2回戦でタイブレークとなった延長8回をサヨナラで制すると、連戦となった準々決勝でも2回に4安打集中で3点を先取し、そのまま押し切った。

 「打力がいいのが、ここまで来た最大の要因」と神谷監督も手応え。センバツ初戦敗退の兄貴分に代わって主役候補に躍り出た。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2016年3月28日のニュース