北海道第2・東明中 サヨナラ4強 安藤「最高」劇打

[ 2016年3月28日 05:30 ]

スポニチ主催文部科学大臣杯第7回全日本少年春季軟式野球大会第2日・準々決勝 東明中(北海道第2)5―4門川中(宮崎)

(3月27日 清水庵原)
 4会場で2回戦8試合と準々決勝4試合が行われた。東明中(北海道第2)は昨年優勝の門川中(宮崎)との準々決勝で、タイブレークの延長8回に逆転サヨナラ勝ち。このほか明徳義塾中(高知)、鍋島中(佐賀)、阿南第一中(徳島)が4強に残った。最終日の28日は準決勝2試合と決勝が行われる。

 東明中(北海道第2)が昨年の優勝チームを破り、初出場で4強進出を決めた。タイブレークの延長8回裏、同点に追い付きなおも無死満塁から安藤が右中間を強烈に破り、逆転サヨナラ勝ち。「打ったのはストレート。もう最高です」と安藤は興奮気味に振り返った。地元・旭川はまだ雪が残るが、開通した北海道新幹線に続けとばかりに優勝旗の“津軽海峡越え”を静かに誓った。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2016年3月28日のニュース