巨人 3位転落 満塁で村田に代打・阿部も“最悪”併殺

[ 2015年8月16日 05:30 ]

<中・巨>9回2死、阿部は二ゴロに倒れ悔しそうにスコアボードを見つめる

セ・リーグ 巨人0-3中日

(8月15日 ナゴヤD)
 巨人の絶好機は一瞬で暗転した。0―0の6回1死満塁、中日は左腕・浜田達に代わり右腕・山井が登板。原監督は村田の代打に阿部を送る勝負手を打った。結果は初球を二ゴロ併殺打。直後に高木勇が3点を失った。

 阿部は「チャンスをつぶして申し訳ない。準備はちゃんとしていた」と唇をかみ、原監督は「結果が良くなかったということ」と短く語った。先月末から一塁で阿部と村田を、左右の投手に応じて併用するケースが増えている。そのプラン通りにタクトを振ったが、この日は実らなかった。

 試合前の時点で阿部は右腕に打率.254、左腕に.203。右腕に.191、左腕に.368の村田は昨年、浜田達から本塁打を放っていたが、4回2死二塁で二ゴロに倒れ「練習では凄くいい。いつも通りの気持ちで打席にもっていければ」と悔やんだ。

 今季10度目の零敗で一夜にして3位に逆戻り。2桁の零敗は2年ぶりだ。原監督は「こういう負けには慣れている。引きずることはない。行くぜ!」と重苦しい空気を断ち切るべく、精いっぱい明るく会見を締めた。 (大林幹雄)

 ▼巨人・高木勇(黒星先行となる8敗目。3失点した6回は、イニング別最多の16失点に)先頭を出して、うまく抑えなければいけないと変に考えすぎてしまいました。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年8月16日のニュース