花咲徳栄 鎌倉―高橋の必勝完封リレーで夏初8強入り

[ 2015年8月16日 05:30 ]

<花咲徳栄・鶴岡東>7回、マウンドを高橋(右)に譲る鎌倉

第97回全国高校野球選手権第10日・3回戦 花咲徳栄1―0鶴岡東

(8月15日 甲子園)
 花咲徳栄の必勝リレーが決まった。先発した鎌倉が毎回走者を出しながらも我慢の投球でしのぐ。しかし、7回に連打を許して1死一、二塁。ここでマウンドに上がった高橋が、代打・阪本、3番柿崎を連続三振に仕留めた。無失点リレーで1―0の接戦をものにし、夏は初めてのベスト8入りだ。

 6回1/3、109球を投げた先発・鎌倉は「4、5回までの予定だったが、6回までいい感じで投げられた」と笑みをこぼした。苦難を乗り越えて今がある。1年冬に右肘を疲労骨折し、昨冬にも同じ箇所を痛め今年3月まで投げられなかった。故障しにくい体をつくるために肩や肘周りの筋肉をつけ、体重は12キロも増えた。6安打を浴びてピンチの連続だったが踏ん張った。

 2回2/3を1安打4三振と抑えた2年生左腕・高橋は「ピンチのときも投げて緊張感はない」と頼もしい。県大会も全て鎌倉―高橋で乗り切ってきた継投策は万全。準々決勝は優勝候補の東海大相模が相手だが、必勝リレーで強力打線を封じ込める。 (仁木 弘一)

 ▼花咲徳栄・笹谷(6回1死一、三塁で決勝の中前打)打ったのはスライダー。カウントを取りに来ると思った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年8月16日のニュース