作新学院主砲・朝山1安打も…「そんな甘いもんじゃなかった」

[ 2015年8月16日 05:30 ]

<九州国際大付・作新学院>九州国際大付に敗れ、名残惜しそうにグラウンドを見つめる作新学院・倉井(左)と朝山

第97回全国高校野球選手権大会3回戦 作新学院0―2九州国際大付

(8月15日 甲子園)
 作新学院は3年ぶりの8強進出はならなかった。小針崇宏監督は「序盤に流れをつくれなかったことが最後まで響いた」と悔やんだ。

 4番・朝山は8回に中前打を放つも、安打はこの1本だけ。83年夏に全国制覇したPL学園の主将を務めた父・憲重さんの背中を追い、3度目の甲子園出場も「一度は同じ優勝を味わってみたかったが、そんな甘いもんじゃなかった」と話した。進路は未定で「選手としてもっと成長していきたい」と前を向いた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年8月16日のニュース