仙台育英・先発百目木、マウンド譲るも4安打「バッティング好きです」

[ 2015年8月16日 16:16 ]

<花巻東・仙台育英>8回、この日4本目の安打を放つ仙台育英・百目木(どめき)

第97回全国高校野球選手権大会3回戦 仙台育英4―3花巻東

(8月16日 甲子園)
 仙台育英の先発・百目木(どめき)が4安打の活躍でチームを21年ぶりの8強に導いた。エース佐藤世那に代わり、地方大会でも結果を残した百目木が先発のマウンドに。3回1/3を2失点で4回途中から佐藤世にマウンドを譲った。

 打棒では4打数4安打と爆発。2回には無死一、二塁から左翼線へ適時二塁打を放ち貴重な追加点を挙げた。試合後には「思った以上にきょうはボールが見えていました。バッティングは好きです」と笑顔で話した。

 投球に関しては「緊張しました」と振り返り、次戦へ向けては「次も秋田商で東北勢対決となるが、あまり相手のことは意識せずに自分の投球をしたい」と意気込みを語っていた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年8月16日のニュース