東海大甲府・村中監督も脱帽「清宮君一人にやられた」

[ 2015年8月16日 05:30 ]

<東海大甲府・早実>悔しそうな表情で甲子園を去る東海大甲府2年生エースの菊地(中央)

第97回全国高校野球選手権第10日・3回戦 東海大甲府4―8早実

(8月15日 甲子園)
 3年ぶりの8強入りを逃した東海大甲府の村中秀人監督は「清宮君一人にやられた」と脱帽した。

 エース・菊地は3回、清宮に甲子園1号2ランを献上し、続く加藤にも2者連続アーチを被弾。5回8安打5失点でKOされ「清宮は完璧なバッターだなと思った」と悔し涙を流した。救援の松葉も清宮に2本の二塁打を許すなど4回8安打3失点。菊地は「2年生なので甲子園に帰ってきたい」と固く誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2015年8月16日のニュース