秋田商・草なぎ 延長10回V打 ミス取り返す「よかった」

[ 2015年8月16日 14:45 ]

第97回全国高校野球選手権3回戦 秋田商4―3健大高崎

(8月16日 甲子園)
 秋田商の草なぎが延長10回に決勝打を放った。直前の暴投で2死三塁となり、高崎健康福祉大高崎の左腕・川井の変化球を左前に転がした。「絶対にヒットを打つんだという気持ちだった」と喜んだ。

 1回は送りバントを決められず、7回1死一塁の守備ではアウトカウントを間違え、ゴロで二封後に一塁へ転送せず併殺に仕留め損ねた。10回の打席中に太田監督から「取り返せ」と言われ、奮起したという。「ミスをして悔しかったけど、よかった」と安堵していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年8月16日のニュース