エース上野127球熱投も一球に泣く 中京大中京サヨナラで涙

[ 2015年8月16日 15:51 ]

<関東第一・中京大中京> 9回裏(関)1死、長嶋に左越えサヨナラ本塁打を打たれガックリの中京大中京・上野

第97回全国高校野球選手権大会3回戦 中京大中京0―1関東第一

(8月16日 甲子園)
 サヨナラ本塁打を被弾した中京大中京先発・上野は試合後、「一球の重みを大切に投げていたが、最後まで一球を大切にすることができなかった」と涙を流した。5回まで相手打線に安打を許さず、9回1死まで無失点に抑える快投。一球ずつ大切に投げ続けたが、127球目の直球を左翼席に運ばれた。

 4番・五十嵐を一塁ゴロに打ち取った直後だった。「アウトコースを狙って投げた球が真ん中に入ってしまった」と上野。5番・長嶋は甘く入った初球を見逃してくれなかった。

 打線は好機を作るも最後まで得点が奪えず、上野を援護することができなかった。初回の満塁の好機で6番・佐藤の安打性の打球を関東第一・オコエに好捕されるなど、相手の好守にも阻まれた。

 「流れがつかめないまま終盤にきてしまった。上野は気持ちが乗っていて粘り強く投げてくれた」と高橋監督は気持ちのこもった投球を見せたエースを責めることはなかった。
 

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2015年8月16日のニュース