元ロッテ監督の父「涙が出た」!山本 清原らに並ぶ2打席連発

[ 2015年8月14日 05:30 ]

<九州国際大付・大阪偕星学園>5回1死一、二塁、九州国際大付・山本は左越えに3ランを放ち「一番ポーズ」

第97回全国高校野球選手権第8日・2回戦 九州国際大付10―9大阪偕星学園

(8月13日 甲子園)
 2回戦4試合が行われた。第3試合では九州国際大付(福岡)が大阪偕星学園に10―9のサヨナラ勝ちを収め、6年ぶりの16強入り。元ロッテ監督の山本功児氏(63)の長男・武白志(むさし=3年)が史上31度目(29人目)の2打席連続本塁打を放った。第4試合では花巻東(岩手)が、史上8校目の甲子園春夏連覇を狙った敦賀気比(福井)を8―3で破った。

 強力打線を誇る九州国際大付の4番を張る男のパワーに、4万7000人の観衆は度肝を抜かれた。1点を追う7回2死無走者。5回にも左翼に3ランを放っていた山本は「走者がいなかったので甘い球なら狙っていこうと思った」と1ボール後の直球を強振した。

 グングン伸びた白球はバックスクリーン左に飛び込んだ。推定飛距離125メートル。「今までの人生の中で最高。歓声が気持ちよかった。もっと聞きたかったけど、ゆっくり(ベースを)回ると相手に失礼になるからやめた」。過去に清原和博(2度=PL学園)、筒香嘉智(横浜)、森友哉(大阪桐蔭)らも記録した2打席連続アーチに「小学校の時に4本連続はあるけど、高校では初めて。甲子園の偉大な先輩たちと並ぶことができて光栄」と喜んだ。

 チームが13安打8得点で快勝した7日の鳴門戦では5打数1安打に終わった。「右手を強く使いすぎた」とすぐに体の開きを修正し、右手のグリップを軽く握るようにした。巨人、ロッテで活躍し、ロッテ監督も務めた父・山本功児氏譲りの野球センスを発揮。西武などで捕手としてプレー、楽天編成部長も務めた楠城徹監督も「山本は調子が悪いと腰の回転が止まってしまうけど、きょうはよく腰が回っていた。ハンドリングがトップレベル。柔らかくてうまく使う」と絶賛した。

 チームは、9回1死二塁から山口の中前サヨナラ打で09年以来6年ぶりの3回戦進出。山本は「チームが勝つのが一番だけど、その上でホームランも狙いたい」と言った。初戦敗退した昨夏の雪辱は、頂点に立って果たす。 (中島 泉)

 ▼山本の父・功児氏(スタンドで観戦)よう打ったよ。1本目の時には涙が出た。2本目もビックリ。ひょっとしたら何かつかんだかも。3年になって体ができて飛ぶようになった。よう食べるよ。でも絶対、間食はしない。その辺の調整はできる子だから。しかし、凄いね。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年8月14日のニュース