花巻東 敦賀気比・平沼攻略法は“右打者の外角狙い”

[ 2015年8月14日 05:30 ]

<敦賀気比・花巻東>3回2死二塁、花巻東・熊谷は右越えに先制の適時三塁打を放つ。投手・平沼

第97回全国高校野球選手権第8日・2回戦 花巻東8―3敦賀気比

(8月13日 甲子園)
 センバツ優勝投手の攻略法は「右打者の外角狙い」だった。花巻東が敦賀気比の平沼に18安打を浴びせ、8得点。佐々木洋監督は「左打者には膝元のスライダーがあって打つのが難しいと思った」と、1回戦の専大松戸戦では4人だった右打者を6人に増やし、あえて「右対右」で臨んだ。

 相手の映像を繰り返し見て、右打者への内角攻めが少ない点に着目。ベース寄りに構え、外角球を右方向に打ち返す練習を繰り返した。3回2死二塁から先制の右越え適時三塁打を放った4番・熊谷は「ラインぎりぎりに立って、外だけに絞っていた」と外角138キロ直球を捉えた。右前打2本を含む3安打の千田も「外に張って、みんなが振れていた」。鋭い変化のスライダーは、打撃マシンを使って見逃す練習もこなしていた。

 初戦は4安打だった打線が爆発。18安打中、15安打が右打者で、そのうち、10安打が中堅から右方向だった。ナインは「二塁ベースから右にしか打つな」という指示を、忠実に守った。佐藤唯主将は「自信を持って次の試合に臨みたい」と力を込めた。 (川島 毅洋)

 ≪7度目の対戦で初勝利≫花巻東が敦賀気比に勝利。過去岩手勢は福井勢に春夏を通じ6戦全敗で、7度目で初勝利。敦賀気比は対岩手勢4試合目で初の黒星。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年8月14日のニュース