巨人・吉川 戦力外の古巣に恩返し猛打賞「バットで少しは見せられた」

[ 2015年8月14日 22:07 ]

<中・巨>スタンドの声援に応える吉川

セ・リーグ 巨人―中日

(8月14日 ナゴヤD)
 燃えないはずがなかった。巨人・吉川大幾内野手(22)が昨季までの本拠ナゴヤドームで2二塁打を含む3安打2打点と気を吐いた。

 「強引に引っ張らず、清水コーチとずっと取り組んでいる逆方向。(適時打は)当たりはよくなかったが気持ちで打てたヒット」

 この日、「2番・三塁」で先発。ナゴヤドームでは移籍後、初出場だった。初回、左翼線二塁打で出塁し阿部の適時打で先制のホームを踏んだ。2―1の4回には1点を追加し、なおも2死二、三塁で中日・ネイラーから再び左翼線に落ちる2点二塁打を放った。

 昨オフ、中日を戦力外となり、巨人にテスト入団。4年間在籍した中日時代には経験なかった今季2度目の猛打賞の大活躍でチームを2位に浮上させた。

 「プロ野球に入れたのは中日のおかげ。今は巨人の選手なので目の前のプレーを必死で頑張ってる。(2悪送球と)エラーを2つして、いつもああいうところをすごく怒られていたんですけど、バットでは少しは見せられたかなと」と古巣への感謝も口にした。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年8月14日のニュース