“清宮の教育係”9番・渡辺 執念V打「自分は嫌われてもいい」

[ 2015年8月14日 05:30 ]

<広島新庄・早実>9回2死満塁、早実・渡辺が決勝打となる適時打を放つ

第97回全国高校野球選手権第8日・2回戦 早実7―6広島新庄

(8月13日 甲子園)
 早実の9番・渡辺が執念の決勝打を放った。6―6の9回2死満塁から外角スライダーに食らいついて右前にポトリと落とし「ボール球だと思うけど、右方向におっつけて意地で打った」と胸を張った。

 中堅の守備でも6回2死二塁で大飛球を好捕。副主将として「(主将の)加藤は優しいので、自分は嫌われてもいいからズバズバ言って引っ張ることを意識している」。調布シニアの後輩・清宮にも気付いた点は注意するなど、加藤とともにチームを支えている。

 ▼早実・加藤(4安打1打点)何が何でも出ようという気持ちだった。センター方向に打ったら結果がついてきた。こういう接戦を戦っていくうちに強くなると思う。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年8月14日のニュース