大阪偕星・姫野 完全燃焼の一発…学校辞めても野球諦めきれず

[ 2015年8月14日 05:30 ]

<九州国際大付・大阪偕星学園>7回1死、大阪偕星学園の姫野は左越えにソロ本塁打を放つ

第97回全国高校野球選手権第8日・2回戦 大阪偕星学園9―10九州国際大付

(8月13日 甲子園)
 春夏通じて初出場の大阪偕星学園(大阪)が九州国際大付(福岡)との壮絶な打撃戦の末に散った。4点リードを追いつかれ、4点ビハインドを追いつく展開。同点の7回にプロ注目の姫野優也外野手(3年)が左翼へ一時は勝ち越しとなるソロ本塁打を放ったが、9回にサヨナラ負けを喫した。

 仲間の思いを乗せた白球は美しい弧を描いて左翼席へ吸い込まれた。8―8で迎えた7回1死無走者の場面。姫野は8球目のスライダーを真芯で仕留めた。「後ろにつなげる」一心で指3本分、短く持ったバットをコンパクトに振り抜いた。一時は勝ち越しとなる待望の一発。最初で最後の夏を満喫した背番号8は晴れやかな表情だった。

 「いろいろありましたけど、ここまで頑張ってきて良かったです。幸せでした。最初で最後の夏に甲子園にも来ることができましたから」

 壮絶な打ち合いの末に散った。4点リードの3回に追いつかれると、5回は山本の3ランなどで4点のリードを奪われたが、誰ひとり下を向くものはいなかった。直後の6回に4長短打などで再び同点に。驚異的な粘りこそ、大阪偕星学園の真骨頂だ。山本監督は「チームが一つになった。姫野は素晴らしい本塁打だった。何とかチームのためにとバットを短く持った結果」とやんちゃ坊主を称えた。

 『人は皆、それぞれの輝き方を持った星である』―。学園の理念を体現する人物が姫野といえるだろう。一度は天理(奈良)へ入学したが、夏前に退部すると、学校も辞めた。夏には工事現場でアルバイトもした。母・仁美さん(46)は「高校を辞めるということは野球を辞めるということなので、辛かったと思います」と当時に思いをはせた。

 1年秋に編入。そこで出会った指揮官の言葉が心底うれしかった。「いい目つきをしているな」―。山本監督の情熱に何度も触れながら、部を抜け出すこともしばしば。昨年5月から9月まで練習にも行かなかった。「僕から野球を取ったら何も残らない」。再び指揮官に諭され、野球と真摯に向き合ってきた。

 開会式で再会した天理の部員からこう言われた。「姫ちゃんがいてくれたら良かったのにな」。投打でプロ注目の存在にまで成長した姫野。秋はプロ志望届を提出する考えでいる。最初で最後の夏を完全燃焼で終えた。 (吉仲 博幸)

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年8月14日のニュース