広島新庄 一歩及ばず ベンチ残りは1人だけ総力戦も…

[ 2015年8月14日 05:30 ]

<広島新庄・早実>悔しさをにじませる広島新庄ナイン

第97回全国高校野球選手権第8日・2回戦 広島新庄6―7早実

(8月13日 甲子園)
 広島新庄が早実を相手にベンチ入り18人中、17人を使う総力戦を挑んだが、1歩及ばなかった。

 策は尽くした。3点を追う4回。代打・松井の左前打で1死満塁とし遠目塚が中前2点適時打。さらに、途中から一塁に回っていた先発の堀にも代打を送った。打席に立った北谷は期待に応え、中越え適時2点二塁打で逆転。なおも攻めて1死一、三塁とすると重盗で本塁を陥れ、この回に5点を奪った。それでも早実の打力に押し切られ、迫田守昭監督は「3点が限界と思っていた」と積極的に動かざるを得なかった苦しい胸の内を明かした。

 先発の2年生左腕・堀は3回に清宮に先制適時打を浴びるなどリズムに乗り切れず3回2/3を3失点で降板。「(外角のスライダーについてきた」と1年生怪物に脱帽し、「全然スピードが出なかった。申し訳ない」と敗戦を糧にすることを誓った。 (水口 隆博)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年8月14日のニュース