殿堂入りジョンソン投手、広島入り!?Dバックス首脳が来日

[ 2015年8月14日 17:39 ]

視察に訪れ黒田(右)と握手を交わすダイヤモンドバックスのランディ・ジョンソン球団社長補佐

 米大リーグ・ダイヤモンドバックスの球団首脳が14日に来日し、マツダスタジアムを訪問した。

 チーム編成の責任者を務めるトニー・ラルーサ氏、球団社長の補佐を務めるランディ・ジョンソン氏、同じく球団社長の補佐を務めるルイス・ゴンザレス氏ら5人で、デリック・ホール取締役球団社長兼CEOは15日に来日予定。

 通算303勝を挙げ今年、米野球殿堂入りしたジョンソン氏は「今日はカープのためにピッチングすることを楽しみにしている」とまずは、ジョークを披露。「日本は大好きで、プライベートでも足を伸ばしている。訪問ではいろいろなことを楽しみにしている」と笑顔を見せ、ベンチ裏では黒田と握手を交わした。

 通算354本塁打を放ち、ジョンソン氏とともに2001年のワールドシリーズ制覇に貢献したゴンザレスは「広島は初めて。街や球場を見ることを楽しみにしている」と話した。

 ダ軍首脳は今月20日まで滞在予定。15日はヤフオクドーム、前田健が先発予定のマツダスタジアムの2試合を視察。17日には宮城県石巻市で行われる大リーグのイベントにも参加する。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年8月14日のニュース