デスパイネ 神戸でもイイネ!逆転打で不敗神話続く「勝ち続けたい」

[ 2015年8月14日 22:20 ]

<オ・ロ>スタンドのロッテファンの声援に応えるデスパイネ

パ・リーグ ロッテ3―2オリックス

(8月14日 ほっと神戸)
 ロッテは終盤にデスパイネの逆転打が飛び出して連敗を3で止めた。

 デスパイネが「デスパ!」と言えば、ファンが「イイネ!」と呼応する。この光景が神戸の地でも見ることができた。

 0―2とビハインドの7回、デスパイネは反撃ののろしとなる15号ソロを放ち1点差に。今季、このキューバ人が本塁打を打った試合ではこの試合まで13戦全勝。その不敗神話を継続するべく、続く8回にチームメートが1死一、二塁とお膳立てをすると、逆転となる2点適時二塁打で期待に応えて見せた。

 全打点を叩き出し、チームを勝利へと導いたデスパイネは「強く叩いてホームランになってよかった」と7回の打席を振り返り、「チャンスで回ってきて決めてやろうと思っていた。実際に、勝利につながる打点を挙げることができた」と逆転打に笑顔を見せた。

 これで自身が本塁打を放った試合では今季14戦全勝、昨季から数えると16戦全勝と記録を伸ばした。「その事実は知っている。これからも自分がホームランを打って勝ち続けていきたい」。自信満々に語るその姿に、神話にはまだ続きがあることを予感させた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年8月14日のニュース