亀井、5年ぶり劇弾!原監督「もう一人、亀井がいないかな」

[ 2014年7月30日 21:53 ]

<巨・D>延長11回、亀井は右越えにサヨナラホームランを放つ

セ・リーグ 巨人3―2DeNA

(7月30日 京セラD)
 巨人・亀井が5年ぶりの“感触”に最高の笑顔を浮かべた。延長11回。先頭打者で打席に入ると、DeNA・万谷が投じた3球目、高めにきた直球を豪快に振り抜いた。打球は高々と右翼席へ。09年8月8日のヤクルト戦(東京D)以来、通算4本目のサヨナラ弾でチームをリーグ50勝一番乗りに導いた。

 「完璧でした。5年ぶり?まあね、へへ、ありがとうございます」。お立ち台で淡々と話そうとしたが、自然とホオが緩んだ。

 そんな亀井に原監督は最大の賛辞を送った。「いい状態で最後決めてくれた。もう一人、亀井がいないかなと思っています」。打線がなかなか機能せず苦しい戦いが続く中、頼れる男の存在は頼もしい限りだ。この日の勝利で7月を10勝10敗で終えた。「かろうじてイーブンに戻した。いい形で8月は暴れたいと思う」。指揮官は言葉を弾ませた。 

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年7月30日のニュース