牧田7回崩れた4失点「6回までうまくいきすぎて…」

[ 2014年7月30日 05:30 ]

<オ・西>7回、無死二塁、牧田はペーニャ(右)に左中間2点本塁打を浴びる

パ・リーグ 西武2-5オリックス

(7月29日 ほっと神戸)
 西武の先発・牧田が突如崩れた。6回までわずか2安打だったが2―0の7回、先頭の鉄平から3連打されて同点。さらにペーニャに勝ち越しの左越え2ランを浴びた。

 この回1死も取れずに一挙4失点で降板。「6回までうまくいきすぎて、気の緩みじゃないが…。集中力が欠けていたのかもしれない」と肩を落とした。

 借金も再び2桁の10となり、田辺監督代行は「(牧田は6回まで)完璧だったね。打線の方が追加点を取ってあげられなかった」と悔やんだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年7月30日のニュース