西武 田辺監督代行 1点の打線に「夏休みに入ったようだね」

[ 2014年7月30日 22:36 ]

<オ・西> 9回、1死、森はプロ初安打となる右前打を放つ

パ・リーグ 西武1―8オリックス

(7月30日 ほっと神戸)
 オリックスに完敗して3連敗となった西武・田辺監督代行は「夏休みに入ったようだね。序盤に1本出ていれば…」と8安打を放ちながらも8回にメヒアの放った犠飛による1得点のみという打線を嘆いた。
 
 さらに「昨日と同じやられ方をしている。先発の野上も踏ん張っていたので非常にもったいないゲームだった」と、投手陣を援護できないもどかしさを口にした。

 8回からマスクをかぶり、9回のプロ初打席で初安打を放ったドラフト1位ルーキーの森については「思いっきり振ってくれたので、次も期待できるでしょう」とコメントを残した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年7月30日のニュース