和田欠場で出場の松井佑がV弾 谷繁監督「代役じゃない」

[ 2014年7月30日 05:30 ]

<広・中>延長10回表(中)1死、二塁、松井佑は左越えに勝ち越し2点本塁打を放つ

セ・リーグ 中日3-1広島

(7月29日 マツダ)
 伏兵が試合を決めた。同点で迎えた延長10回1死二塁。左越えに決勝の2号2ランを放った中日の松井佑は「少しこすったけど“入ってくれ”と祈りながら走りました」と殊勲の一打を振り返った。

 この日、7月の月間打率・414と好調の和田が体調不良のため、球場には来ず広島市内の宿舎で静養した。絶対的な得点源の不在を、代わって「6番・左翼」で出場した松井佑が補った。2回無死一、三塁からの中前先制適時打。さらに決勝2ランとチームの全打点を記録。谷繁兼任監督も「代役じゃない」と信頼を置く男がチームの危機を救った。

 「一戦も落とせない状況の中、延長で勝てたのはすごく大きな1勝になると思う」。殊勲の男は表情を引き締めた。

 首位・巨人とは4・5差。頂点が完全に視野に入ってきた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年7月30日のニュース