ブラゼル 鼠径ヘルニア手術で帰国、再来日未定 伊東監督は復帰待つ

[ 2014年7月30日 17:21 ]

 ロッテのクレイグ・ブラゼル内野手(34)が30日、米国で鼠径(そけい)ヘルニア手術を受けるため、デルタ航空機で一時帰国した。手術は8月15日の予定で、再来日は未定。

 伊東監督は「どれぐらいの期間、静養が必要だとか、いつ戻ってくるかは分からない。でも戻ってくることを期待している」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年7月30日のニュース