イチロー3タコでダル称賛「今年はごっつい感じがする」

[ 2014年7月30日 05:30 ]

<レンジャース・ヤンキース>3回表(ヤ)先頭、イチローを空振り三振に仕留めたダルビッシュ(左)

ア・リーグ ヤンキース2―4レンジャーズ

(7月28日 アーリントン)
 ダルビッシュに3打数無安打に封じられたイチローは「確実にメジャーの中で僕にとってはベストの(投手の)一人」と賛辞を贈った。昨年までは17打数7安打(打率・412)とカモにしていたが、今季は5打席対戦して無安打。「去年まではいいピッチャーという印象はあったが、ごっつい感じはなかった。でも今年はごっつい感じがする」と独特の言い回しで表現した。

 23日の対戦ではダルビッシュは、その日最速の97マイル(約156キロ)を投げ込んできた。「ある世代から急に、ゲームをつくることに集中するとか(が多く)、誰かとの対戦を、というのがなくなる。僕に対してそういう気持ちを抱いていたとすれば面白い」。メッツ・松坂とは勝敗を超えた対決を楽しむイチローが、うれしそうに話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年7月30日のニュース