西濃運輸・伊藤が首位打者&若獅子賞「1年目から優勝うれしい」

[ 2014年7月30日 05:30 ]

<西濃運輸・富士重工業>スポーツニッポン新聞社・森戸幸生社長(左)から若獅子賞を受け取る西濃運輸・伊藤

都市対抗野球最終日・決勝 西濃運輸2―0富士重工

(7月29日 東京ドーム)
 西濃運輸の4番伊藤(岐阜経大出)が打率・550で首位打者となり、新人賞にあたる若獅子賞を獲得した。決勝で放った2二塁打が、共に得点に結び付き「大きな舞台で2度もホームを踏めて言うことはない。1年目から優勝できて本当にうれしい」と喜んだ。予選は打率1割台と不振を極めた。調子を上げた要因を「みんなに“4番を外されることはないから”と言われ、開き直れた。大会でヒットが1本出るたびに乗っていった」と説明した。

 ≪小野、横山も若獅子賞≫「若獅子賞」には西濃運輸・伊藤、富士重工の小野、NTT東日本の横山が選ばれ、スポーツニッポン新聞社・森戸幸生社長からトロフィーが贈られた。2回戦のJR九州戦で完封するなど今大会2勝を挙げ4強進出の立役者となった横山は「(桐蔭横浜大で同期の)小野と一緒に獲れてうれしかった。自信になった大会だけど、それ以上に悔しい思いもした。次は日本一を目指したい」とさらなる飛躍を誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年7月30日のニュース