東海大相模 横浜に雪辱!V打平山「人生で一番うれしい」

[ 2014年7月30日 05:30 ]

<東海大相模・横浜>決勝進出を決め、歓喜の東海大相模ナイン

神奈川大会準決勝 東海大相模5―3横浜

(7月29日 横浜)
 ライバル対決を制した東海大相模ナインの目に涙が光った。昨夏神奈川大会準決勝で敗れた横浜に雪辱。5回に勝ち越しの左越え適時二塁打を放った平山主将は「人生で一番うれしい。打倒・横浜で今まで耐えてきた」と喜びを爆発させた。

 先発のエース青島は2回に2点こそ失ったが、以降は追加点を許さず6回を5安打2失点。「昨年、浅間と高浜にやられていたので絶対抑えたかった」と高浜を3三振、浅間も内野安打1本に抑えた。打線も5、6回と追加点を挙げて援護した。

 左打者が軸の横浜に対し、あえて右腕・青島を送り出した門馬敬治監督は「青島という人間に懸けた。それにしても苦しかった…。横浜との戦いはいろいろなものを超越している」と2時間28分の激闘を振り返った。青島も「横浜の分まで頑張って甲子園に行く」と宿敵の無念の思いも背負って、決勝戦に挑む。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年7月30日のニュース