ヤ軍 ヒヤヒヤの連敗ストップ、不安定救援陣に指揮官お疲れ

[ 2014年7月30日 14:50 ]

ア・リーグ ヤンキース12―11レンジャーズ

(7月29日 アーリントン)
 ヤンキースは辛くも逃げ切った。一時は6点をリードするも、救援陣がピリッとしない。1点差の9回2死満塁、フルカウントからレンジャーズの4番A・ベルトレを大きな当たりの左飛に打ち取ってようやく連敗を3で止めた。ジラルディ監督は「いつも頼りになるブルペンだが、こんな日だってあるだろう」と疲れきった顔だった。

 イチローは後半戦12試合目で初めて出場機会がなかった。指揮官は試合前に「イチローは疲れているかどうかが分かりにくい選手だが、ずっと出続けているから」と説明していた。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年7月30日のニュース