内川 2安打3打点!貫録の松井裕討ち「いいところで打てた」

[ 2014年7月30日 21:51 ]

<楽・ソ>6回2死一、三塁から内川は右中間に先制適時二塁打を放つ
Photo By スポニチ

パ・リーグ ソフトバンク3―0楽天

(7月30日 山形)
 楽天・松井裕の先発での初勝利を打ち砕いたのは、ソフトバンク・内川のバットだった。0―0で迎えた6回2死一、三塁。四球と敵失で得たチャンスを両リーグで首位打者を獲得している打者は逃さなかった。2ボール1ストライクからの4球目、真ん中やや高めに甘く入ってきた140キロの速球を逆らわず右へ。打球を右中間を破り、2点適時打二塁打となった。

 「飯田もいい投球を続けていたし、そろそろ(松井裕を)つかまえておかないと、と思っていた。いいところで打てたね」と内川。

 第1、2打席はともに右飛に倒れていたが、この試合前まで4打数4安打で4打点と得意にしており、“ここぞ”の場面で貫録を示した。9回には斎藤隆からバックスクリーン直撃の12号ソロ。先制ソロ、そしてダメ押しの一発と、チームの全得点を自らのバットでたたき出す活躍だった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年7月30日のニュース