岩隈 敵地で負けなし!日米通算2000投球回は「自信に」

[ 2014年7月30日 12:07 ]

インディアンス戦に先発したマリナーズの岩隈(AP)

ア・リーグ マリナーズ5―2インディアンス

(7月29日 クリーブランド)
 マリナーズの岩隈久志投手(33)が29日、クリーブランドでのインディアンス戦に先発し、7回、99球を投げ6安打2失点、6奪三振1四球で9勝目(5敗)を挙げた。

 メジャー1年目の12年に並ぶ9勝目。「7回2失点と先発投手としての役割を果たせて良かった」と7月12日以来3試合ぶりの勝利を喜んだ。

 岩隈は今季、17試合中、ビジターゲームが7試合目だが、4勝負けなし。昨年の7月4日にレンジャーズ戦で黒星を喫して以来実に14試合に登板し9勝無敗とビジターで圧倒的勝利を挙げている。

 しかも、この日は4回に日米通算2000投球回を達成。日本時代の11シーズンで1541回、マリナーズ3シーズン目で459回となり大台に到達。「全然知らなかった」と語った。今季はキャンプ前に右手中指を痛めて初登板が5月3日と出遅れたものの、「ここまで来られたのは自信にしていいと思う。この先も長いイニングを投げていけるように、けがをしないようにやっていきたい」と誓っていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年7月30日のニュース