中日、セ5球団全てに負け越し 12年ぶりBクラス

[ 2013年10月5日 22:32 ]

<中・横>高木監督、山崎のラストゲームでプラカードを掲げるファン

セ・リーグ 中日3―4DeNA

(10月5日 ナゴヤD)
 中日は3点リードを守れず、今季最終戦を白星で飾れなかった。64勝77敗3分けの4位で12年ぶりBクラス転落に加え、この敗戦でセ5球団全てに負け越す屈辱のシーズンとなった。

 球団からはまだ正式に発表されてはいないが、今季で退任する72歳の高木監督は試合後にあいさつ。ファンのねぎらいの拍手とブーイングが入り交じる中で、「みなさんにおわびしないといけない。全て監督の責任。こういうかたちで終わり、残念無念」ともの悲しい表情で語った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年10月5日のニュース