ブレーブス「大きな勝利」 ドジャースに競り勝って1勝1敗

[ 2013年10月5日 12:04 ]

ドジャース戦でセーブを挙げ、ガッツポーズするブレーブスのキンブレル

ナ・リーグ地区シリーズ第2戦 ブレーブス4―3ドジャース

(10月4日 アトランタ)
 米大リーグのプレーオフ、ナ・リーグ地区シリーズ第2戦が4日(日本時間5日)、アトランタで行われ、ブレーブス(東地区優勝)がドジャース(西地区優勝)に4―3で競り勝ち、対戦成績を1勝1敗とした。

 ブレーブスは1―1の4回にC・ジョンソンの左前適時打で勝ち越し、7回にはヘイワードが中前へ2点適時打を放ってリードを広げた。直後の8回に4番手カーペンターが2点本塁打を浴びて1点差に迫られたが、最後は3年連続セーブ王の守護神キンブレルが締めた。

 ▼ブレーブス・ゴンザレス監督の話 大きな勝利だ。三つの併殺も取った守備も良かったし、投手陣もよく投げてくれた。今の目標は少なくとも敵地で1勝すること。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年10月5日のニュース