小川監督 来季こそ「最下位に終わり責任を感じている」

[ 2013年10月5日 06:00 ]

<ヤ・神>小川監督(右)と握手を交わすヤクルト・宮本

セ・リーグ ヤクルト2-3阪神

(10月4日 神宮)
 試合後には今季の本拠地最終戦セレモニーも行われた。9月29日に球団からの続投要請を受諾したヤクルト・小川監督は「今季は最下位に終わり、責任を感じている。来季こそ今年の反省を踏まえ、今秋から練習して期待に応えられるように頑張る」とあいさつした。

 また、引退する宮本には「お疲れさまでしたという言葉しかない。勝って花道を飾ってあげたかったけど…」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年10月5日のニュース