阪神 桧山 空振り三振で神宮に別れ 5日巨人戦で引退試合

[ 2013年10月5日 06:00 ]

<ヤ・神>神宮球場のファンに別れを告げる桧山

セ・リーグ 阪神3-2ヤクルト

(10月4日 神宮)
 5日巨人戦(甲子園)で引退試合を迎える阪神・桧山は2―2の延長10回1死満塁から代打で登場。敵地で引退試合の宮本にも負けない大歓声を浴びたが、空振り三振に倒れた。

 引退試合では藤浪が先発。44歳でチーム最年長の桧山に対し、19歳で最年少の新人は「入団する前は厳しい方かな、と思っていましたが、優しい先輩です。ゲームを壊さないように投げたい」と話した。

 ▼阪神・松田(延長10回から2イニングを完全でプロ初勝利)たまたま良いところで投げさせてもらえた。初めて勝ててうれしい。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年10月5日のニュース